面接に挑む際の準備と心構え

面接を受ける際の重要なポイントについて

面接に挑む際の準備と心構え 本屋の棚には、面接対策のマニュアル本が多く並んでいます。リクルートスーツを着た若者が熱心に探している姿を見かけますし、それだけナーバスになってしまう問題のようです。採用の基準は企業によって異なりますが、定型文での答えを嫌う企業が増えています。例え言葉に詰まってしまったとしても、自分の言葉で主張することが大切です。政治家の言葉が胸に響かないように、全てがマニュアル通りでは合格は勝ち取ることが出来ません。

出来ることは限られますが、最も効果的なのは新聞を読むことです。インターネットやスマートフォンの普及で、新聞を読まない若者が増えています。もちろんインターネットは便利ですが、やはり新聞の情報量には負けてしまいます。一部150円程度で莫大な情報量を得られる訳ですから、面接対策に活用しない手はありません。

更に大事なポイントが、趣味や特技を持つことです。長く続けているスポーツや文化的なものを持っていれば、人間的な幅が広いと判断されます。仕事は人間関係ですから、団体スポーツをやっていれば協調性があると判断されます。景気が上向きになってきたとは言え、採用を勝ち取るのは容易なことではありません。日々の生活の中で、アンテナを張り巡らせて情報収集を怠らないで下さい。

Copyright (C)2019面接に挑む際の準備と心構え.All rights reserved.